自尊心…初めての始まり。

いつもお世話になっております(*^_^*)

まだまだインフルエンザが流行っていますね(+_+)


さて、自尊心って…なんだ?

初めての・・・始まり。



私が初めて「自尊心」と言う言葉を知ったのは、

2003年頃に読んだ、一冊の本でした。


2016213181447.jpg


2001年に、北海道から出て来て、最初の結婚生活がスタート。

中々子供が出来なくて、不妊検査・治療の病院通いの憂鬱、

住み慣れない土地で、誰も友達も居なくて、本当に辛かった。

仕事でほとんど居ない旦那さん、本当に寂しかった。

でも、望む通りに有り難いことに、どんどん出世をして行く旦那さん。

そのお陰で、2カ月に1度は北海道に帰省させてもらい、年に数回は海外旅行へ。

とても恩恵は受けた訳ですが…

離婚した今思えば、どこか心は満たされずだったんですね…

すぐに子供が欲しかったこともあり、仕事には就かずに居たので、

結局、毎日悶々として、引きこもりがちでした。


そんな時にたまたま、テレビで紹介していた本を見て!

”これだ!”と、無性に読みたくなりました!!!

しかしそんな私は、漫画さえも、全く本を読まない人間だったのです(笑)

それなのに、思い切って直ぐに購入!

そして、読んだ後の衝撃といったらもう(@_@;)!!


「え?自尊心って、みんな知ってるの?何処で習うの?

知らないのは私だけなの??

自分にも出来ることがあるのかな??」



大人になって知った私…びっくりでした(-_-;)

同時に、知らないって怖い!と思いました。

いや、怖いだけじゃなく、知らない自分がすごく恥ずかしい気持ちになったり、

悔しい気持ちになったり、情けない気持ちにもなったり。

また反面に、

こんなにも、未来に希望を持っていいものかと?!

雲が晴れたような気分にもなり、とても興奮しました。

そこから、何となく、「やっぱり何か、変わりたい、今の自分は大嫌い」、、

私にも生きる価値があるのかな?!と、「自尊心」が少しだけ湧いて来て、

眠ってた私の、”学びたい” 気持ちが目を覚ましました。

そして直ぐに、カルチャースクールで、興味があった手話を申込み、

3回位受講したのですが、何か違うかも?と、

急きょ、「色彩検定」にも興味が湧き、手話講座から色彩検定対策講座に変更しました。

そうして、色彩検定の試験目前に、4年経ってからのやっと妊娠が!!

つわりがひどく、検定は受けれませんでしたが・・・(笑)


でも、この時から自分にももっと出来ることがあるのではないか?

もっとやらなきゃいけないことがあるのではないか?

自分を大切に思っても良いのではないか?

夢を持って叶えられるのではないか?

もっともっと、私なんかでも、人生を楽しんでもいいのではないか?

と、思うようになりました☆


「自尊心」を知らずに生きるって、こんな損なことは無いですね!!

もっと子供の頃に、もっとたくさん、色んな形で、

色んな人から、教わるべきですよね・・・

生き場がなく、彷徨って、自分で自分を汚し、

邪険に扱っている子ども達がいっぱいいます。

自分も長いことそうでした。


凄惨な事件が増えない様、何とかしなくてはですね・・・


私が経験したように、ありのままの自分を受け入れる、

認める、自分にも出来ることがある、素晴らしい能力がある、

生まれてくる意味がある。


と思う事の大切さ、

心と体は繋がっている。と言う事を、

ヨガと心理学を通して、心体学アドバイザーとして

もっともっと伝えて行けるように、頑張って生きたいと思います♪


そして、スタジオソナでは・・・

3/5(土) イベント講座「女性の為の心理学」~自分を好きになる方法♪

是非、自尊心って良くわらない、なんて方々にもご参加頂きたいと思います☆

いつもありがとうございますclover