斜め45度な時、そんな人。

いつもありがとうございます( ´ ▽ ` )

みなさんは、斜め45度で物をみたり、解釈したりするほうですか?
それがいけないと言う話では決してありません。

私は、単細胞で単純なので、
割となんでも信じてしまうと言うか、そのまま受け取ってしまうと言うか、
それってどうなの?みたいな、腕を組んで目を細めて違う角度から見るタイプではありません。



ただ、自分が気になることや興味のあることはじっくりいろんな角度から見ますけどね(笑)
そうじゃない方は、様々なことに45度目線でみますよね。

何かと、
「でも、これってこうじゃない?」
「そうかな?本当はこうなんじゃないの?」
「いや、本当は裏ではこうでしょ?!」
「そんな綺麗ごとばっかり嘘でしょ」
みたいに思う方がいます。

そうゆう私も、そんな時期を通りました^^;
なんか、多分そうゆう時って、
ガンバってる人やキラキラしてる人、良い話や自慢話がうざくてうるさくて、
面倒で素直に応援も出来ない、称賛も出来ない、批判したくなる・・・


自分以外の人がみんなちゃんとしてる様に見える、うまくいっている様にみえる・・・
私もそんな気持ちを経験しています。

そんな時って、自分を活かし切れていなくて、
自分に何が出来るかまだ理解しきれていなくて、
どこか、こんなに頑張ってるのに何故報われてないのか、
何故自分はうまくいかないのだろうか、自分は何をしてもダメだ・・・
と言う気持ちがあるか、

もしくわ、自分の考えが正しい、とどこかで思っている、
人をどこか見下している。

のどちらかの感情があると、
素直になれません。


だから、斜め45度の思考が悪いと言う訳では決してありません。
よく言えば、思慮深い、考察力、俯瞰力があるのです。

ただ、人の喜びや努力や成功を素直に受け取れないのは、自分が努力している証でもありますが、
とても損をします。
自分自身の大事な良いご縁やチャンスを逃します。
困るのは自分なのです。

なので、自分も何かうまく行きたい、上手にやりたい出来る様になりたい、
そんな時ほど、斜め45度の癖は控えて、
素直に人を称えたり、うまくいってる人のやり方を真似たり学んだりすればいい。

それが心の柔軟性。
そして、体の柔軟性は=心の柔軟性。


なので、そうなれない場合は、
体の柔軟性を達成すればいい。私がそうゆう時期を通り、今はそうじゃない!
と言うのは、ヨガに出会ったから。

体がどんどん変わり、柔らかくなっていったからです。
もちろん、それ以外の「心理学」と言う学びを少なからずしたからです。

なので、人のキラキラがイラつく、
なんで私だけ・・・
どうしてうまくいかない?
そんな焦りの様な状態から抜け出したい!と思ったら、体を動かしましょう( ´∀`)


体は無条件に正直です。
これは人間の常です。
体は嘘をつきません。笑

最近、SNSでフォロワーさんが、「ヨガしてきました」とか、「ジムに入会しました」とか、
何かスポーツや運動をしてる投稿などを見ると、
かなり顔がほころび、ニヤニヤします(笑)
なんか親心的な感じもしたり、よかった良かった〜♡

って思うんですよね☆
体を動かす=心を動かす。

コロナも本当に疲れが出てきますよね・・・
是非、体を動かして見てください!

読んで頂いてありがとうございまました♪( ´θ`)ノ