平等を口にする人・・・

いつもありあがとうございます( ´∀`)

今日はただの旦那さんへの愚痴です。




私の娘は重度の知的障害者で小児慢性特定疾患の子供です。

健常者と障害者に平等なんてありません。

健康な人と病気の人も平等なんてありません。

男と女だって平等なんてありません。

動物と人間だって平等なんてありません。

貧乏とお金持ちにも平等なんてありません。

男と女と男と女ではない人にも平等なんてありません。

全てに平等があれば、飢えて死ぬ人はいません。

全てに平等があれば、戦争なんておきません。

全てに平等があれば、離婚もありません。

全てに平等があれば、犯罪なんておきません。

全ての人や事柄において平等というのは、「人は死ぬ」「時間は過ぎる」それだけです。

平等なんてない、それを知った上で、

平等なんてない、と理解した上で、

平等なんてない、けど受け入れた上で、

平等を押し付けずに、どこまで平等かのように近づけるか、

という作業や気持ちが大事なだけであって、

個々が何を見て、何を聞き、何をして、何を譲り合い、何を譲らず、何をして生きていくか、

それは自由であるべき。

「人は死ぬ」「時間は過ぎる」以外の平等なんかないです。

その意味を知らない人は、平等をうたう。

きれいごとだ・・・

と、私は思っています。(あくまで、すべて個人的見解です)

だから、平等平等っていう人が嫌い!!!笑

そう旦那さんのそこが、もっとも吐き気がするほど大嫌い!!!

でも、そこを含めて受け入れていて、わかっていて好きなのです。

私は神か仏か、とさえ思う。

だけど、もしかしたら二回目のバツがつく日があるかもしれない。笑

未来はわかりません。

諦めることが美学か?

我慢忍耐が美学が?

どこまでも認めようと努力することが美学か?

自由になることが美学か?

最後まで闘うことが美学か?

深呼吸と共に、無の境地を目指すことが美学か?

正しいこと答えはないのである。

再婚7年。

互いの子育て、子供への想いの価値観は、違って当然なのだけど、

どこまで譲り合い、寄り添い、我慢も仕合い、認め合うか・・・

これこそが夫婦の課題であり、修行。

修行を乗り越えた先にあるものが素晴らしいものである、ということも想像がつく。

修行をやめた先にあるものも、決して間違いではないことも想像がつく。

人生には幾つもの帰路がある。

ただ、私はいつでも幸せです。

この瞬間も。

幸せはいつも自分の心が決めるから。

人の振り見て我がふり直せ。

旦那さんも、私への愚痴を言いたいことは必ずあるのだから・・・

と思いながらやっと7年。

たった7年。

明日は明日の風が吹く・・・

人間の心なんて移ろいやすいからね。

明日のことは明日決めよう♪

愚痴でした( ̄▽ ̄;)

最後まで読んでいただいてありがとうございました(^◇^;)