☆I love autism☆

いつもありがとうございます( ´ ▽ ` )

日曜はお休みではありますが、今日は午後からお仕事へ♫
お客様が、お子様の為にご注文されたオーダー品を受け取りにいらっしゃるので、ハンドメイドしながらお待ちしていました♡
以前にも一度ご注文いただき、お越しくださったので2回目でした(*^_^*)

わずかな時間でしたが、
お子様も来てくださり、私も娘を連れていったので、
一緒に写真を撮ることも出来ました^_^


娘と同じく、自閉症の男の子です☆
紐が好きと伺ったので、早速使わないものがあったのでプレゼント(^ ^)
ほんのひとときでしたが、楽しかったです♫

アクセサリーや文房具までご購入してくださり、
本当にありがとうございましたm(_ _)m✨

オーダーして下さったトレーナーはこちらです⬇️


写真の娘も、同じものを着ています♫

sona+nのオリジナルです☆
発達障害は、見た目ではとにかく分からない!というか、見た目はいわゆる健康で普通。

なので、「優しい目で見てください。」と願いを込めて”please look gently”と書いています☆
Autismは自閉症の英語です。

差別や偏見を減らすには、当事者や家族、知識のある人などが『知らせる(発信)』ことが大事です。
知ってもらうための努力は必要です。
自分たちが傷付かない為にも。


差別や偏見の元も、始まりも、無知というものからです。

人は過去の記憶の中で生きているので、
実際に身に起こったことのないことは、目や耳で受けた言葉や映像を、
勝手に解釈しています。
なんなら、記憶は歪んだり、常に変換されたりもします。


また、その解釈の仕方は、人によって様々なのです。
ですから、経験していない、体験していないことや物や人に対しては、
思い込みも多く、よくわからない、ということが無意識にもあるので、「怖い、汚い、可哀想、暗い」などの、
ネガティブなイメージを持ちます。

自閉症→よくわからない=無知。


だからこそ、当事者や家族は、「教えてやる!」くらいの強引な気持ちを持ったって足りないくらい、
またちょうど良いくらいです。

伝える。ことの重要性。

ジェンダーレスなどについてもそうだと思います。
知る、みる、ふれることで人は無知から体験や経験になり、学び、知識となります。
それが、理解、につながるのです!!

自分から心を開くというのは、
一般的な、人間関係にもとても大切で、意味のある行動です。

伝えないというのは逆に誤解を生み、思い込みを増幅させ、心が通うことは難しくなるのです。


うまく伝えようとするとうまく行かないのが世の常です。
でも、事実を伝えることが一番大事なので、
事実の気持ちや結果や行動を伝えていくことで、自然とうまくなります。

私も、こうしてブログで練習しているのは、
気持ちをちゃんと伝えられるようになりたい!娘の障害や病気のことを知ってもらいたい!

そんな思いから、事実を伝えて練習しています。
少しでも、世の中から差別や偏見がなくなり、障害や病気の人々が生きやすくなるといいなぁ♡

と強い気持ちがあるからです。
ただ一つ、私が正しいわけではない、ということも同時に伝えたいです!!


それは、同じことを経験しても、人によって受けとる感情や意識、記憶は違うからです!!

Autismの人たちは、みんな心が繊細、
でもすごく観察力があって、人を見分ける力もあって、
とにかく優しいのです✨

I LOVE AUTISM ❤️

今日も読んでいただきありがとうございます♪( ´θ`)ノ