ホーム>スタジオ ソナ スタッフブログ>2013年6月

2013年6月

ご紹介。

皆様いつもお世話になってまりますhappy01

梅雨も真っ只中、蒸し暑い日々が増えて参りましたねsweat01

さて、今日は個人的にお勧めしているものですが、

アート展のご紹介です☆

私は、娘が自閉症で障害児であるため、

ご縁があり、ご紹介するアート展を毎年見に行っているのですが、

とても好きなアートで、何度見ても飽きません!!

お時間のあります方、ご興味がお有りの方は是非、

どうぞ一度ご覧になってみて下さいconfident



2013617122130.JPG

 

年に2回、開催されています!無料でご覧になれますnotes

6月18日から21日、横浜そごう9階にて・・・

いつもありがとうございますclover

 


 

老廃物?!

皆様いつもお世話になっておりますhappy01

早々に梅雨入りしたものの・・・空梅雨状態ですねeye

そんな中でも、レッスンにお越し頂く皆様方には、

この時期に合った体に関わるお話しや、カラーセラピストとしての色のお話などしています。

梅雨時期といえば・・・「アジサイ」snail

あまり花のことは詳しくはないので、アジサイの色についてレッスンでお話ししたのですが、

ちょっとより詳しくアジサイの花のことについて調べてみました!

みなさんご存じかも知れませんが詳しく書いてみますcoldsweats01

 

20136874126.jpg

 

アジサイの咲き始めは薄い黄緑色、花(ガク)が大きくなるにしたがって緑色は薄くなり、

徐々に赤色や青色に色づき始め、花の盛りを迎え、盛りが過ぎると褪色して、

再び薄い色になり、色調もくすんでくるそうです。

最初は、花に葉緑素が入っていて緑っぽい花が咲き、

この葉緑素は次第に分解されていくので緑色は消えていき、

代わってアントシアニンが合成されます。

アントシアニンが出来る頃には補助色素も出来て、アルミニウムが含まれている花では青色、

アルミニウムが含まれていない花では赤色が出て来ます。

この頃があじさいの最も鮮やかな時期だそうです。

これが過ぎるとまた色変わりが始まり、きれいな青色は紫っぽくなり色があせたような感じに、、

これは、花の中の酸性の程度が強くなったためで、

この頃になると、色素自体も少しずつ分解してしまいます。


つまり色変わりは、いわゆる老化の一種で起こるそうです。

老廃物がたまると花びらも色褪せる!!

植物が年を取ってくると多くの場合、細胞液の中の酸性物質などが徐々に増えてきます。

人間ならば、、血液が循環して不要なものを汗や、尿として排除する事ができますが、

植物には清浄機能をもつ循環器官ありません。


老化に伴う細胞の変化が、アジサイの花の色に変化を起こす!ということのようです・・・

人間は、アジサイのように色変わりしてもなお、きれいに見えると言うことは出来ないので、

人間も、老廃物が溜り体が錆び(酸化)て来てしまうので、出来る限り気を付けたいものですねcoldsweats02

スタジオソナでは、老廃物の流し方、貯めない方法などもレッスンで取り入れておりますgood

この梅雨の時期、しっかり体と向き合うことが、夏バテ防止にもつながりますflair

いつも本当にありがとうございますclover