ホーム>スタジオ ソナ スタッフブログ>発達障害

発達障害

講演会(&ヨガ)ご報告!

いつもお世話になっております(*^-^*)

先日の関東の雪は、思ったより降ったので驚きましたねww

でも、どうしても雪国育ちの私は、雪が降るとやはりわくわくします♫


さて、スタジオソナの心体学アドバイザーとして先日、

横浜市青葉区にあるK小学校にて、講演会の講師をさせて頂きました!!

20161126115830.JPG

これまでにも、幼稚園などでの保護者様への講演会など、

何度かやらせていただきましたが、川崎市以外では初めてでした☆

今回も、講話とヨガの2本立て!(^^)!

講話のテーマが「発達障害児とどう向き合う?!」。

私は現在進行形で、2人の発達障害児の子供の子育てをしています。

発達障害児の子供とどう向き合うか?!と言うと、

答えは1つで、正しい向き合い方はない、正しい育て方もない。

正しい答えもない。

と言うことになってしまいます(;^_^A 

と言ってしまったら元も子もないですね・・・

では、どう向き合うか?

講話の中では、私のこれまでの家庭療育の仕方や接し方、

私は、発達心理検査の推進派であるというご説明や、

どうゆう風に、障害を受け入れて気持ちを前向きに持っていけるようになったのか、

と言う過程などをお話しさせていただきました。

中でも、私も先輩ママさんの一言に救われたのは・・・

「どんな子供も成長するからだいじょうぶ!」と言う言葉だったので、、、

私も同じように、お伝えさせて頂きました♫

とにかくママって、不安がいっぱいなんですよね・・・

でも本当に大丈夫!どんな子供でも、成長します(^_-)-☆


今も、血縁の無い次男の発達障害との関わり方には、本当にまだまだ手探りで、

継母4年目も、大分やっと慣れて来ましたが、

正直、出会った頃には人格が既に出来ている子供なので、とても難しく、

苦しくて、辛くて、逃げ出したくなることも多いです・・・

それでもやはり、特有の屈託のない笑い顔を観たり、笑い声を聞いたりすると、

可愛いなぁ~と思い、よし!!と、気持ちがまた新たになります(≧▽≦)

イライラばかりしたり、反省ばかりして自分を責めたりばかりしていても、

何も解決にはなりませんからね(^^ゞ

そう思うと・・・自分が決断した選択には覚悟を持つ、と言うことが大事かなと?!

障害を受け入れない方も、受け入れてる親も、

どっちでもなく、もしかしたら?と、不安な日々を送っている方も、

周りには頼らず、自分なりにやっている方も、

一番大事なのは、「覚悟」かもしれませんね。

そうと決めたら貫く。

何故なら、正しい答えはないからです。

健常児の子育てだって悩むことはいっぱい、子育て自体が大変なのです。

でも、どんなお母さんでも、自分に出来ることは必ずあります!!

あれもこれもやらなきゃ!と思いがちですが、

自分に出来ることを必死に、それだけを覚悟してやっていると、

必ずいつか子供に伝わります☆

例えば、スキンシップを忘れない、言葉かけを忘れない、お料理をちゃんとする、

勉強を教える、スポーツを一緒にする、ゲームを一緒にする、

お掃除をしっかりする、裁縫をしてあげる、話す言葉遣いをきれいにする、

出来るだけ一緒に出掛ける、などなど・・・

なんでも良いのだと思います。どれか一つでも・・・

全部なんて不可能です!!!うまく回らなくて、出来ない自分にイライラするだけです。

そして、何よりどんな子供であろうと、子供が安心するのは・・・

お母さんが、自分を大切にしてる姿です。

楽しめていない、笑わないお母さん、は子供は大きくなってからが大変です。

子供自身の自尊心が育っていないからです。

そんな笑わないお母さんの姿の記憶しかないと、大人になり人間関係にも悩みます。

先ずは自分の人生をしっかり楽しむことも優先して考えましょう(*´▽`*)!

発達障害の子はコツがいる育児、面白い育児、飛びぬけた才能がある子たち、

ある意味ラッキーです♡

人と同じ様に、人に埋もれて、個性がないなんて、

つまらないと思いませんか??(笑)

そして、何より子育てで、発達障害児と向き合う上でも大切なのが、

心ではなくて、体、です!!!

体が全てを支えています。

体=筋肉=心=ヨガ。

講話の後はヨガのレッスンのため移動しましたヽ(^o^)丿

2016112612732.jpg

ヨガが初めての方も4分の1くらい居たでしょうか?!

先ずは、今の自分の体の状態を知ることが、ヨガの始まり!!

筋力が落ちてくると、全てが弱ってきます・・・( ゚Д゚)ww

代謝も、内臓も、骨も、血管も、心も・・・

何も、激しい筋トレをしなくては維持出来ない、と言う事ではありません!

意識して体に気付いて、意識して動かしてあげれば良いのです。

ちょっとした姿勢だったり、座り方だったり、お風呂の入り方だったり、

何でもよいのです。

食べ物だけに気を使って気を付けていても、筋肉は衰えてしまいます。

そして、ヨガは下から正す、下から直していくということを説明させて頂きました。

ワイワイと、自分の体とも向き合って頂きながら、

みんなでするヨガは楽しくもあり、

ちょっと他の人と比べちゃったりもして・・・(;・∀・)?笑

でも結局は、誰も自分の体と心と、変わってくれることはありません!!

自分で大切にしなければいけないのです。

体が先で心は後からついてくる。

何かしら行動したり、何かしら体を、手先を、口先を動かしていると(笑)

心は冷たくならないと思います。

心も必ず動きます。

体を動かす=心が動く=感動する。

感動のある、毎日が良いと、思いませんか??

発達障害児のお子さんは、健常児さんと同じような動きや考えなど、

出来ないことも多かったりしますが・・・

逆に、感動する動きをすることも、感動する才能も、健常児さんより多かったりもします!!

そして何より、障害を背負うのですから、心が優しいのです♫

そんな子たちを観れる、持てる、親であると言うことは、

誇らしい事だと思います(⋈◍>◡<◍)。✧♡

人は人。

私は私。

あなたはあなた。

どう一度の人生を生きるかです。
 

まだまだ講師として、話し手としては未熟で、反省点も多いのですが(*_*;

人に恵まれ、こういった機会を与えて頂き、

本当に感謝致します<m(__)m>

K小学校の役員のみな様、参加者の皆様、ありがとうございましたshine


スタジオソナでは、出張ヨガ&カウンセリング&カラーセラピーなど

いつでも承っております☆

心体学アドバイザー・菅田 恵美

いつもありがとうございますclover
 

病気なの?

いつもお世話になっております(*^-^*)

暑くなりましたねww

今年は史上最高に暑いとか?!( ;∀;)

さて、運動会シーズン!!

我が家も、中学生と小学生最後の運動会はお天気に恵まれ終了♪

年々、一人減り二人減り・・・今年はお弁当の作る量が少なくて済みました(^^ゞ

そして、すごい節約弁当なんです☆

2016525183052.JPG


それにしても、運動会って感動しますね子供の成長に(⋈◍>◡<◍)。✧♡


それから、運動会が終わると・・・毎年恒例の事が!

娘が通う小学校でも、新一年生が入り、

毎年、娘の在籍する特別支援級では、新年度の支援計画の中で学校側から、

「美羽さんの障害や病気は、どこまで在学生に伝えますか?」

と言う事を聞かれます。そしてそれは親が決めなくてはいけません。

私は、娘が一年生の時から、「1型糖尿病と自閉症の特徴など、

出来る限り全校生徒へ知らせてもらいたいです」と、お願いしています。

もちろん今年も同じく…

そして運動会が終わると特に、毎日娘が利用している学童で、

新一年生達に毎年質問を受けます(#^.^#)

「あの子のお母さん?あの子は病気なの?」

「病気で喋れないの?」

「なんで耳に(ヘッドフォン)着けてるの?」と…

2016525201455.JPG


特に運動会で目立つからでしょうね(;^_^A

ヘッドフォンを装着してることや、宇宙語の様な言葉、

常に体を揺らしてること、走るのが遅いことなど、

すごく気になるんでしょうね。

とても自然なことです♪

でも聞いて来てくれる子って、すごく優しい子だな~、

社交的な子だな~、と感じます。

中には、娘が近くに来ると逃げたり、怖がる子も居ます(;^ω^)

それも自然なことかもしれませんね・・・w


そして質問に答える私は、毎回ちょっぴり悩みます(*_*;

「今の答え方、伝え方で良かったかな?理解出来たかな?

あ~もうちょっとこんな風に言ってあげれば良かったかな~」

とか…毎年・・・(;´・ω・)

正しい答えは今だにみつかりません(ノД`)・゜・。ごめんなさい


でも質問してくれる子の様に、人に興味を持つ子、知ってみようと思う気持ち、

そんな気持ちはとても素晴らしいな~と、

いつもとても嬉しい気持ちにもなります(≧▽≦)

そして必ず思い出すのが…

私は看護師(産婦人科も経験のため)だった母から、

赤ちゃんの形をしていない、様々な奇形の胎児の話し、死産の話し・・・

そんな話を、子供の頃から聞いて居ました。

子供って、生まれることってすごいんだなぁ~と。

でも、だからきっと、私の所には健常じゃない子が来ても、

受け入れられる心構えが出来ていたのかもしれないな~

と、母に感謝の気持ちを感じます♪


発達障害は、身体障害者の方と違って、目に見ては、見た目では中々分かりづらい、

知的に全く問題の無い発達障害もある。

昔はおかしな子、変わった子、手のかかる子、そんなくくりでしたでしょうね。

これからの時代は、本当に職業も家族の形も性別も生き方も地域も様々‼

小さな子供の時から、「社会には、世の中には、学校には、色々な人がいる」

と言う事を、知る、観る、触れる、関わる、感じる事が、

その子の、後の将来の心の在り方、持ち方、考え方が、

大きく広く温かいものになると、私は思います。

共存共栄。

これからの未来ではとても大事で必要なこと!

それが出来ない人が逆に、孤独になってしまうかもしれませんね・・・

いつもありがとうございますclover



 

studio sonaって?!

いつもお世話になっております(*´▽`*)

ブログ・・・日が開いてしまいました(;´Д`)


さて、スタジオソナってヨガだけでは無い事を、

ヨガ以外にも色々と行っていることを・・・知らない方も多いのです(;^_^A

ですので、改めてちょっとご紹介を♪


定期的なものではありませんが、年に数回イベントでの単発講座をしています。


2016517151827.jpg

2016517152654.JPG

キッズヨガをはじめ、キッズカラーセラピーなど、キッズ向けイベントも可能です(*^-^*)

今後は、他分野の講師を迎えてのイベントなども考案中です☆

また、こんな講座を希望します☆などのご相談にも応じております!(^^)!


他には、コラージュセラピーも行っています♪
http://www.studio-sona.jp/contents/healing/


2016517152329.JPG

スタジオでも出来ますし、ご自宅などに訪問して行うことも可能です☆

マンツーマン、お友達同士のグループ、または大人数でも(^_-)-☆


通常メニューのカラーセラピー&心理カウンセリングも、

スタジオでも出来ますが、カフェやご自宅などでもお受けしています♪
http://www.studio-sona.jp/contents/healing/


201651715295.JPG


更には、スタジオソナ貸出しなども行っております(*^▽^*)

広いスーペースのスタジオ部分(約18帖~)、小さなお部屋(5・5帖)、

テーブルや椅子なども完備(鏡はございません)

写真撮影のようなことも出来ます☆
 

201651715329.JPG


通常メニューには、フェイシャルエステがございます♪
※お子様連れ可能です!

201651716037.JPG


他には、出張講師なども行っております(#^^#)

市民館などで、「アロマスプレーを作ろう」「アロマオイル使い方入門」・・・


2016517153825.JPG

「暮らしに役立つカラーセラピー」など・・・

2016517154635.JPG


他に、幼稚園や小中学校などでの、保護者様へのヨガ講座や講演なども承っています♪

2016517154847.JPG


公園などでの、外ヨガ、出張ヨガも行えます(^_^)/~

201651715531.JPG


また、心理カウンセラーとして、発達障害児の子育て経験、

そう言った分野の講演も行っております★

どうぞ、お気軽にお声掛けください<(_ _)>

studio sona 菅田恵美

いつもありがとうございますclover

 

安心してください!

いつもお世話になっております(*^_^*)

最近、とにかく眠い(-_-)zzz。。。秋ですね~

我が家には、4人の子供たちが居て、その内2人の発達障害の子がいます。

1人は重度、一人は軽度。でも、全く障害のタイプも、もちろん性格も違います!

だけど、二人のお陰で色んなことに気付かされたり、色んな修業を与えてくれたり、

私を育ててくれて、とても感謝しています(*^_^*)

そこで、つい最近あった軽度の次男との会話で、きっと似たようなことで悩んでる親御さんや、

発達障害って、そうゆうやり取りのこともそうなんだ~!と知って頂きたいのでご紹介します☆

先日、我が家の自宅庭でBBQをしたんですね~とても天候に恵まれました♪

長女や次男のお友達がいっぱい来ました♪

そして、BBQの時に次男の親友Aくんも来て二人で楽しそうにたくさん食べました!

その食べ終わったころに別のお友達Bくんが来ました。

食べ終わってからしばらくして、今度は違うお友達(初めて我が家に来た)C君が来て、

4人で自宅に入り遊び始めて・・・その日は終わりました。

3日後・・・・・・・・・

主人が次男へ「この前のBBQの時に来た子はなんて名前なの?」と質問!

親友のAくんは、主人も家族もみんな知っているからなのか?

次男は「Bくん」と答えました。でも、主人も私もBくんも既に何度も自宅に来てるのでとっくに知っているのです!

そこで主人は「Bくんは知ってるよ、もう一人の子だよ!」と聞きました。

次男は「知らないよ!!居ないよ!!」と、いつものようにすぐにキレてしまいましたww

主人はもう一度、「この前のBBQの時に居たもう一人の後から来た子だよ」とまた聞きました。

次男は「BBQの時なんかいねぇーし!!」と相変わらずキレ口調で言うのです!

それを聞いて居た私は、ふと次男に聞きました「家に入るときに最後に来た子のことだよ」と言うと、

次男は「BBQの時には居ないし、来てないし!」と答えたのです。私はすぐにピンと来ました!

でも主人は、「は?どうゆう意味?お前BBQしたの忘れたの?幽霊なのあいつは?」と答えました。

みなさん分かりましたか???

次男が考えていたのは、BBQは食べている時間の時や物の事で、食べてるときは親友のAくんとしか居なかった。

なので、主人が聞いた「BBQの時に居た後から来た子」の意味は、BBQの食べ終わりに来たBくんまでなんです。

次男に理解出来るのは、「BBQを食べ終わって、家に入るときに一番最後に来たお友達は?」

と聞かないと、通じないのです。BBQの時に~と言う質問では、

BBQとは食べてる物のことを指し、その食べてるときにはCくんは居なかったから!なので、

次男の中では、「BBQの時には居ねぇーし」とか(食べてた時には居ない!)

食べ終わったくらいに来た「Bくん」としか答えようがないんですよね。

一般的にだと、前後の文脈や、BBQと言うと、その日一日の全体的な出来事だと捉えると思うんですが、

または、既にAくんBくんは親が知っている、と言う事を思い出すことも出来て、

初めて家に来た最後に来た子かな?と考え、その子の名前をすぐに答えることが出来ると思うんですよね。

そこが、発達障害があると文脈をくみ取れない、長い文章の質問になると考えが狭まり理解が難しいのです。

分からなくてついキレてしまうし、本人が考えて言う答えの出し方はものすごく範囲が狭く、固執しているのです。

なので、つい親だとかきょうだいとか、また次男を良く知らない周りからすると、

次男のすぐにキレた行為に対して、

「何言ってんの?なんで友達居たこと忘れんの?なんでそんなことでキレるの?なんでわかんないの?」

と、こちら側も怒ったり、キレたりしてしまうことになって行くんですよね・・・

我が家も前まではそんなことがほとんどで、私も初めはどんだけキレてしまったか・・・(-_-;)反省。

なので、主人とのやり取りを聞いて私は、「そこが難しいところなんだよね、次男は何も悪くもない、

私たちも悪くはない」だからこそ、相手を理解してあげようとするには、

自分がちょっとした相手の癖を考えて、話してあげれる力をこちらが付ければいい。

一つずつ、そうかこうゆう時はこう聞いてあげないといけないな~とか、

また、ちょっとした出来事でも、その時に伝えてあげないといけないと思います。

「BBQとは、確かに食べてるときや食べ物のことを指すかもしれないけど、

一つのイベント・行事、全体のことを言ったり、大多数の人はこんな風に理解するんだよ、

わからない時は、今の意味をもう一回教えて?と聞くんだよ。」と言うように、

その都度、根気良く伝えて行く、それが自宅でも出来る療育だと思います。

だからこそ、私は療育は早ければ早い方がいいなぁ~と考えている人間です。

それでも、「安心して下さい!」どんな子も必ず成長します♪

1~2年前の次男なら、一度入った怒りスイッチはとにかく止まらず、自分でも中々制御出来ず、

収まるのに時間もかかりましたが、今では大分すぐに切り替えることが出来るようになりました。

本当に頑張っています♪ お陰で色々と会話することがどんどん増えましたヽ(^o^)丿

そして、もう一人の発達障害の娘も、本当にどんどん成長してくれています。

20151010105243.JPG


小学校1年生になって、要約円らしきものが書けるようになり、初めて「ママ」も言えるようになり、

入学前までは、不安だらけで・・・今では5年生。

一生喋らないんじゃないか、一生字は書けないんじゃないか、一生一人では歩けないんじゃないか、

そんなことも考えたりもしましが・・・

「安心して下さい!」子供はその子それぞれ、成長のスピードが違うだけで、

必ず成長しますし、出来ることもいっぱい!!

健常のお子さんが持っていない素晴らしい能力を持って居ることも多いですし、

逆に、色んな世界を教えてくれる子供達です!!

20151010105811.jpg

発達障害を受け入れられない親御はさんたくさんいますし、認めない方も居ますし、

検査をしない方もたくさんいます。未だに偏見もありますし、支援する制度もまだまだだし、

今では5人に一人は何かしら発達障害であるとも言われたりもしています。

でも一番大事なのは、子供の能力を引き出してあげること。

子どもが輝き、笑顔になるには、やはり身近な人の力は必要で、周りの笑顔が何より重要!

健常の子でも、障害のある子でも、笑顔で支え合う。

笑顔の多い家庭で育つ子は、大きくなって行くにつれ、安定感がどんどん増して行きます。

なので、悩んでるママさんパパさん。

先のことより、「今」の笑顔を自分たちがどう作るかを考えると、

子どもには必ず伝わりますから「安心してください!」

悲しい思いもどかしい気持ち懺悔のような気持ちをした分だけ、人は優しくなれますからねヽ(^o^)丿

私は、子どもが自分に優しさを養っていってくれる存在!と思うと、感謝しか出て来ません!!

怒りに対して怒りでは、憎悪や放棄、暴力に繋がります。

過去は消せません、変えることも出来ません。

今を楽しみ愛することで未来が変わります(#^.^#)

いつもありがとうございますclover